ニーハオNINJA、中国なう。

日高誠司です。シンギュラリティ ユニバーシティに認定され、ある非公開グループのメンバーになりました。中国生活での日常に加え、Red Silicon Valley界隈やConsumer Tech領域、消費トレンドの動向など、その時感じた事を備忘録的にお届けできたらいいなと思います。コメントもお気軽に。どうぞ宜しくお願いします。 twitter,instagram@msmdz

コメントはお気軽に!ポジティブに!備忘的に!

約9ヶ月ぶりくらいのNINJA的ポストで、且つ突然ですがこれで最後のブログになります。

すっかりご無沙汰しておりました。

日本への上陸が先日決定したWeWorkでの色々なアクティビティや、自転車ライドシェアのローンチ以降、このブログをほぼほぼ放置していたのですが、ここ最近は上海もといアジアで何をしていたのかというのを今回備忘的にメモしてみました。

ここ一年くらいの間にシンガポールやマレーシア・香港などを訪れたりもしましたが、主なアクティビティとしてはクリエイティビティの高い人材が多い業界とも云われる建築・アートなどを、オンラインオフライン問わず朝目が覚めて夜寝るまでの間可能な限りずっと探求しておりました。

私が覚えている範囲ですが、以下がここ一年位の間に実際オフラインでディープラーニング的に探求した建築家・クリエイターおよび建築デザイン会社のリストになります。

My Architectural Deep Learning Tour 2016-17 Visiting List

-Tadao Ando(安藤忠雄)
-Kengo Kuma(隈研吾)
-Kenzo Tange(丹下健三)
-Zaha Hadid
-KPF
-Gensler
-Skidmore Owings Merrill
-Sou Fujimoto(藤本壮介)
-Arata Isozaki(磯崎新)
-Perkins+Will
-OMA
-Hiroshi Hara(原広司)
-Aedas
-MVRDV
-ECADI
-Jean Marie Charpentier
-Shigeru Ban(坂茂)
-Paul Andreu
-Cesar Pelli
-Kisho Kurokawa(黒川紀章)
-Moshe Safdie
-Wilkinson Eyre
-CPG Consultants
-Thomas Heatherwick
-WOHA
-Foster And Partners
-Toyo Ito(伊東豊雄)
-Jun Aoki(青木淳)
-gmp Architekten
-Bohlin Cywinski Jackson
-Line House
-Benoy
-UN Studio
-NihonSekkei(日本設計)
-I.M.Pei
-Kris Yao
-RMJM

オンラインだとこの10倍以上はたぶんインプットしてますが、気がついたら結構色々と探求しておりました。

足跡的な記録として、訪れた時のアクティビティログはこれまでInstagram(@msmdz)にアップしていましたが、つい先日からは海外のフォトグラファー等がよく使っているという500px(@msmdz)とEyeEm(@msmdz)も使い始めてみたので、興味のある方はよければそちらもご覧いただければと思います。

PCからでしたらより大きなサイズで写真をご覧いただけるかと思います。

昨年3月頃に中国のOTA Ctrip等が入居するZahaHadidデザインのSky Sohoを訪れたのが建築デザインを探求するようになったひとつのきっかけですが、元々学生時代は建築を専門に学んでいた事もあり、業界の下地がまだうっすらとあったので頭の中に馴染むのにそう時間もかからず、今はこの業界のクリエイティビティの高さに毎日ときめいている次第です。

建築デザインは住宅・店舗やオフィス、公共施設の設計だけでなく、インテリア・家具〜都市計画の設計とジャンル・幅がかなり広く、その時代のライフスタイルに合わせ概念が進化していく生き物のようで、探求し尽す事はおそらく今後も無さそうな気がしますし、近い将来に必ず来るであろうシンギュラリティ・人口知能社会において、生き残るのはこのようなクリエイティビティの高い産業だと感じています。

何故なら、このようなアイデアの創造や高いクリエイティビティを発揮する仕事は、人間でしか成し得る事が出来ないからです。

また気付いている方もいるかもしれませんが、この分野なら今までのように「中国から書く」という「言語フィルター」を意識し言葉を選びながらブログを書く必要も無いですし、そもそもクリエイティビティを言語で装飾し、左脳的な文章でアウトプットする必要もありません。

ただ見て、深く感じ、そしてときめくだけで良いと思います。

以上、NINJAブログの最終ポストでした。

これまで中国に住んでるので折角だからと中国メインで色々な角度からご紹介してきましたが、そろそろ日本のクリエイティビティをアジア・世界に紹介したいのと、インターネットも自由に使いたいので、日本ベースで色々と活動したいです。

あとカメラが欲しいです。

今はカメラ・写真(ビジュアルコミュニケーション)で自分のクリエイティビティを模索しています。

これまで私のような一般人の自分メモ的ブログを読んでいただいた方々、ありがとうございました。

お陰様で20000人位の方々に、私の文才の欠片もないような文章に目を通していただく事が出来ました。

今後は先述のアカウントでアクティビティをご覧いただければ幸いです。

それでは。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日はweworkが上海に新しいlocationを造ったので、そのオープニングパーティーに参加してきました。

image


工場かなにかをリノベーションした感のある3階建ての大きな建物で、たぶん今回の新拠点はコワーキングスペースとしてはアジア最大規模のキャパになるのではないかと思われます。

image


今回CEOなど創業メンバーらも揃って来海していたようでびっくりしましたが、会場のフロアに行ってみると普通に周囲に溶け込むように居たりしたので、こっそり30分くらい観察してました。

特に気取った様子もなく誰とでもフランクな感じで話しているようで、なんだか企業組織的にもカルチャー的にもとてもフラットな印象を受けました。

これが今の新時代を切り開く「リーダー」と、レガシービジネスにいるようなこれから淘汰される「ボス」との違いなのでしょうか。

またさすがアメリカ期待のユニコーン企業だけあり米政府関係者や機関投資会社らしき、見た目も振る舞いもアッパー感満載な人達もちらほらいました。

image


とにかく人だらけでした。常時2000人位はいたのでは。

今年の6月頃に上海にオープンしてから、かれこれもう10回近く同コミュニティのイベントに参加していますが、毎回毎回ほんとあっちの人等はパーティーがお好きですね。

上海にまた新しいトレンド発信スポット、ランドマークが出来たのではないかと思われます。

コワーキングワークスペースイノベーションに興味がある人、トレンド大好きな人は是非見学しに行かれてみては。

P.S.weworkの公式サイト・ロケーション情報を見ていたところ、北京のCBD・国贸エリア(NYでいうとマンハッタンのミッドタウン的なエリアでしょうか)で2拠点が新たに追加されてるようでした。近々オープンするようです。

日本の追加、オープンはまだでしょうかね!

wework
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

北京に住む友人がHQへの定期出張(グループ全体で年1回開催している某中国国民的ショッピングフェスティバルに参加)のため杭州まで来ていたので、先週は久しぶりに友人に会いに遊びに行ってきました。

image


友人は結婚し子供が生まれてパパになったようで家族と一緒に暮らしはじめ、話を色々聞くと最近転職してから仕事環境もよくなり毎日が充実しているとのことでなりよりでした。

また彼の勤める会社の社費で5つ星の良いホテルに泊めてもらい、また美味しい夕食と朝ごはんをご馳走になりまりた。

image


流石世界最大のユニコーンは景気もよく太っ腹ですね。(グループHQの会社訪問何度かした事があるので職場環境もよく把握していますが、社員への福利待遇レベルがとにかく高いです)

さらに入場チャージがひとり600元(1万円くらい)する流行のクラブ(踊るほう)にも連れていってくれるといわれたけど、流石にそこまでは至れり尽くせりで少し申し訳ない気がしたのと、体力的にもきつかったので、代わりに夕食のあと世界文化遺産に登録されている西湖の夜景を見ながら一緒に散歩してきました。

image


杭州はこれで三度目の訪問となりましたが、街も中心地などは以前よりかなり開発されていたりして、前回とはまた違った印象を受け楽しかったです。

image


おそらく日本の福岡などと同じように景観が崩れないようビル建物に高さ制限を設けているような気がしました。

今度訪問する際は是非千鳥湖にも行ってみたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

インスタグラムやツイッター等で先行しアクティビティはシェアしていましたが、フィンランド・ヘルシンキで毎年11月に行われている、北欧最大級のスタートアップイベント「SLUSH」の中国・上海版「SLUSH SHNAGHAI」に先日参加してきたので、その所感の核心以外やメモなどをまとめてみました。

image

以前から日本のスタートアップオピニオンリーダーインフルエンサーとも言える某著名べンチャーキャピタリストアントレプレナーなどのfacebookコネクティビティや、logmiなどで東京開催の当カンファレンスに登壇したスピーカーの話の内容やイベントの盛り上がりを伺っていたため、是非オープニングから参加して見たかったんですが、、、事情により午後からの参加のため、今回オープニングを生で見ることは出来ず。残念。

オープニング動画をInstagrmでアップしてくれている人がいたのでそちらを見たところ、昔私が好きだった音楽プロデューサーBACHLOGIC(当時KanyeWestやJay Z,50Centなどのゴーストトラックメイカーだろうと国内外でよく噂されていました。Re-Make It Blackとか本当懐かしい)をさらにバキバキにした感じの好みのカッコいい音源がかかっていたようです。

Slushは音楽センスも良いですね。Dig→ #slushshanghai

会場はShanghai World Expo Exhibition & Convention Center。

image

以前から小生がブログでもご紹介し、イベントもよく参加している「造就」というカンファレンスの会場になっているMercedes-Benz Arenaのすぐ近くにあるんですが(前日も開催され参加してました)、初めて来ましたがこのShanghai World Expo Exhibition & Convention Centerもかなり広くいい雰囲気の会場でした。

また、さすがグローバルコミュニティのカンファレンスだけあり、さまざまな国から(今回50カ国以上から参加だそう)スタートアップWantreprenur、投資案件を探している大手のTech企業投資部門や投資銀行、政府機関、VCエンジェル投資家などInvester、コンサルティングファーム、アクセラレーターインキュベーター、メディアなどの業界関係者等が3000社以上来場し参加していたようです。

image

image

会場は複数のステージで構成され、各ステージ上ではピッチコンテスト(今回優勝はモスクワのMarvelmind Roboticsいうロボット系スタートアップだったそう。インスタ調べ)やゲストスピーカーのキーノート、アライアンスの調印式などが分刻みに同時進行で行われていました。

image

今回このイベント開催情報をシェアしていただき、ご招待いただいたスタートアップ・アクセラレーターX-NODE」のブース。

以前から私個人的に気になっていた、日本からの参加で界隈でいま話題になっているスマートシューズの「Orphe」や、自由に体を動かすだけで演奏できる次世代音楽ツールの「KAGURA」、東京大学発のベンチャーでカメラを必要としないモーションキャプチャー技術と、普通の衣服のような着心地の両方を実現した次世代のスマート・アパレル「e-skin」を手掛ける「Xenoma」など、日本から厳選されたハードウェア系スタートアップ等がこちらで展示・デモをやっているようでした。

image

こちらはゲストスピーカーらによる、日本のスタートアップエコシステムに関するディスカッション。話を聞いて個人的に感じた事はブログでは割愛します。

image

SLUSH」主催国、フィンランドのたしか国家プロジェクトのコミュニティブース、Team Finland(フォントロゴがオシャレ)。

image

最近参加するいろんなスタートアップ系のコミュニティイベントでスタッフをよく見かけるChinacceleratorのブース。野生肉食系の匂いがプンプンします。

それ以外でも中台韓や北欧など各国から参加しているスタートアップやコミュニティが至るところでブースを展示していて、すべてを情報網羅したかったところでしたが、当日風邪であたまがボーっとしてうまく思考できなかったのと、全部見ようとしたらおそらく一日では廻れない気がしたので、会社名だけしか書いてないブースは省いて、ぱっと見て何のビジネスかなんとなく分かる所(VRAR等)より実態としてぱっと見ただけではよく分からないような、すこし謎めいた感のあるスタートアップのブースをメインに見て廻りました。(余計に頭がボーっとしてしまった気がしましたが、、、おまけにブース写真も撮り忘れorz)

全体的な所感としては、参加しているスタートアップは事業フェーズ的に超初期の成長過程だしとても勢いがあり、創業メンバーなど若い人が比較的に多く団結していて活気を感じ、日本やシンガポールなどで開催されている同イベントが上海開催と同じスタイルか分かりませんがこのようなコミュニティでグローバル全体で一体化し加速するとすごく面白いムーブメントになるだろうなと感じました。

最近私がよく参加しているweworkなどのグローバルコミュニティのアクティビティもかなり面白いですが、グローバルでスケールする巨大スタートアップコミュニティはそのほかにも500Startup Grind for Googleなどたくさんあり、中国(上海)でもどこかで各活動しているそうなので、機会があればキャッチアップしてそちらもぜひ参加して覗いてみたいところです。

ちなみに今回のイベント来場者数は、たった一日の開催で5,000人以上だったそうです。

あわせて読みたい→こちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログかなりご無沙汰しておりました。

最近は週末も平日も上海市内で開催されているカンファレンスやイベント等にいろいろ参加したりしてとても忙しく、ブログをまとめる時間がなかなかありませんでした。

遅くなりましたが最近参加したイベント等をいくつかまとめておきます。

image

インスタグラム(アカウント@msmdz)でアクティビティをシェアしているので、ご覧いただければどこで何をしているか大凡お分かりいただけるかと思いますが、こちらはほぼ毎回ご招待していただいているメルセデス・ベンツ・アリーナ[Mercedes-Benz Arena]上海で定期開催される「造就」という招待制カンファレンス

ブログでも何度か紹介しておりますが、中国・香港などの華人、著名人から中国スタートアップの企業家、投資家、大陸内外の大学教授などが多く登壇し、いつも未来の話をしているので、クリエイティビティが高くかなり内容も面白いです。

最近は北京広州でもイベント開催し規模を拡大されているようです。

image

続いて、こちらも最近よくお世話になっている世界最大級のコワーキングスペースクリエイタープラットフォームを運営しているWeWork上海拠点。

私個人的にここのカルチャーワークスペースアクティビティがとてもフィットするので、今後も交流を深めたいと思っているところです。チャンスがあればここで働きたいくらいですが、、、

image

こちらは上海Digital Art Networking Night。

上海
で活躍するデジタルクリエイタースタートアップDemo Dayが数日間開催されていたらしく、そのアフターパーティに参加してきました。参加者の半数近くは外国人でかなり多国籍もとい無国籍な環境でした。

という感じで、平日の日中も良質なTech系イベントが各地でたくさん開催されていてお呼びもよくかかるので、出来ればそれにも参加したいところなんですが、なんとか我慢しつつ上海で粛々と過ごしております。。。

で、ようやくブログの本題になりますが、先週は日本に一時帰国しておりました。

上海に駐在する日系企業の方は交通費等会社負担で一時帰国できるそうですが、私は自費なので、節約のため上海から日本往復の飛行機は毎回ですがLCC春秋航空スプリングエアライン)。

2時間程度のフライトならLCCでも全然いいんじゃないかなと思います。

そしてだれも知り合いなど居ないだろうと思い空港にひとり到着したところ、なんとpepperが一時帰国を迎えてくれました。

image

空港のロビーでほかの帰国者や訪日観光客などにも接客しているようでした。

私と接してどのように学習したのかシンギュラリティ的に少し気になるところです。

image

ソニーストアでは10月13日発売開始予定のプレイステーションVRを一足先に体験してきました。

ジャイロスコープが端末内に搭載されているのか分かりませんが、360度全方角から映し出される仮想世界は是非体験する価値ありだと思います。

image

そして日本最大級のMBAスクール、ビジネスネットワーキングプラットフォームを運営する、あのGLOBISにもお伺いしてきました。

お忙しいところご丁寧に対応していただきありがとうございました。

帰って特に何かするわけでもありませんが、両親と食事をしたり、お墓参りに行ったり、友人に会ったり、地元グルメを懐かしんだり、昔ながらの変わらない風景をみたりして、ごくごく普通ですがあっという間に過ぎた滞在期間でした。

しっかり充電もできたので、また今後もいろいろな所でレベルと質の高いネットワーク作りなどをしながら活動していきたいところです。

image
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ